0
¥0

現在カート内に商品はございません。

販促ポスターでセールや季節のイベントを盛り上げよう<パラポスター編>

店舗でのセールや季節の演出、イベント・催事の際に使う、販促ポスター。ここでは手軽に使える既製品ポスターの中でも横長でアピール力のある、パラポスターを特集します。

パラポスターって何?「パラ」の意味や由来は?

販促POPの定番ツール、ポスター。
ポスターと言ってもA1やB2などの規格サイズのポスターから、縦長の短冊ポスター、什器の棚部分に取り付ける棚帯ポスターなど様々な種類とサイズがあります。
販促用品業界では天井にハンガーポップで吊るすなどして使用する、 横長のポスターをパラポスターと呼びます。 訴求力がある上に、コストパフォーマンスも良く、既製品ポスターとして広く流通しています。
パラポスターの「パラ」の意味や由来には諸説あり、「パノラマ」が語源とされたり、「パラレル(平行)」などが挙げられることもありますが、詳細はわかっていません。

パラポスターの素材や仕様は?

ポップアンドディスプレイのパラポスターは、コート紙という紙を使用しています。 パンフレットやカタログなどに広く使われている紙で、光沢があり、発色もきれいです。
全て両面印刷ですので、裏の柄が透けにくい厚さのコート紙を使用しています(完全に透けないというわけではありません)。
パラポスターのサイズに規格はなく、メーカー毎に異なります。 ポップアンドディスプレイのパラポスターは77×30cmです。全て10枚入り。10枚ずつ厚手のPE袋に入っています。

パラポスターの飾り方やディスプレイ方法は?

パラポスターの飾り方はいろいろあります。 飾り方としてよく見るのは、店頭のウィンドウ上部に掲出する、ポスターハンガーで天井吊りにする方法です。 またディスプレイ用テーブルや什器の裾を装飾している店舗もあります。
設置が簡単なので、アパレルや雑貨店、スーパー、リサイクルショップ、道の駅など様々な店舗で使われており、正方形のテーマポスターより大きく訴求力があるので、面積の広い店舗にもおすすめです。 ポップアンドディスプレイのパラポスターは裏表で柄や色を変えている商品もあるので、裏表を交互に飾ったり、お店の雰囲気や季節の移ろいにあわせて自由にレイアウト可能です。
壁面に貼り付ける際はテープの材質、壁紙の素材にご注意ください。

ポップアンドディスプレイのパラポスターの特徴は?人気商品は?

ポップアンドディスプレイのポスターの魅力はデザイン性の高さと豊富なラインナップです。
毎年新しいデザインのパラポスターを発売しており、既製品ポスターなのに、おしゃれでデザインのクオリティが高いとご好評をいただいております。 但し数量限りのデザインも多々ございますので、完売の際はご容赦ください。
セールシリーズではカラフルで訴求力のあるプリズムシリーズや、 また価格面も大変リーズナブルです。ポップアンドディスプレイでは平成元年より販促POPの卸売りをしています。その為、一度に多く製作する事で製作コストが安くなり、激安価格で購入可能です。

パラポスターとあわせて使いたい販促POP

ポップアンドディスプレイでは統一感あるディスプレイができるように、パラポスターと同じデザインでのぼり旗やタペストリー、フラッグガーランドなど様々なアイテムを取り扱っています。
のぼり旗を店頭に設置する事で店頭から季節やイベント感を感じることができますし、パラポスターだけでは物足りない時はフラッグガーランドもおすすめです。お店全体をトータルコーディネートすることで季節の演出やイベントの盛り上げる効果がグンとアップします。

パラポスターのメリット・デメリット、保管方法、注意点をもっと知りたい!

パラポスターの魅力は、1枚あたりの単価の安さです。 1セット10枚入りなので、特に面積の広い大型店の装飾に活躍します。 紙製なので、使用後の処分も簡単です。
リーズナブルなパラポスターですが、扱いにくい一面もあります。
パラポスターは紙製ですので、一度折れたりしてしまうと跡が残ってしまい、見栄えが悪くなるので注意が必要です。
ポップアンドディスプレイでも発送の際、到着後折れのない状態でお使いいただく為、折り曲げずに段ボールに挟んだり、箱に入れて発送します。その為、布製商品より送料が高くなります。
色褪せや折れ、汚れがあるポスターを掲出するとお店の印象にも関わりますので、取り扱いには十分ご注意いただき、お早めにご使用いただく事をおすすめします。
保管する必要がある場合は、湿気や汚れがつかないようにビニール袋に入れ、直射日光の当たらない場所で折れないように注意してください。丸めての保管も可能ですが、再度広げた際、丸まり跡ができます。 WEBサイトによってはポスターを真っ直ぐするために霧吹きを使用する方法も紹介されていますが、使用しないで下さい。

上へ

カテゴリ一覧

特集コラム

その他運営サイト

ページトップへ